知識と思考について考える。

 

今ペルーにいる。

自分はインターネットに関しては読む側だったのが、少しずつ配信する側になっている事に驚く。

やはりなんでもチャレンジするべきだ。

さて先日、ちきりん著の「自分の頭で考えよう」という本を読んだ。

大事な事が書いてあったのでまとめておく。

 

これからの時代に「考える力=思考」が必須なのは何度でもブログで書いた。

ここで大切なポイントは「知識=情報」と「思考=考える力」は別物だという事だ。

知識はネット等で得た情報。そして思考は、その先にあるもの。

 

「知識は過去」で「思考は未来」。

これをはっきりと理解していないといけない。

 

ちきりんさんはこの知識と思考を分断する事から始まるという事を説いている。

そして思考をするには「思考の棚」を作ることが重要だ。思考の棚というのは簡単なマトリックスで、「既に起こった事情に対して、別の事例がだとどういう結果を生むのか」という事だ。

 

例えば国のGDPに関して。

日本は1億人いてGDPが600兆円だとする。

一人当たりのGDPは全世界で同じだと仮定して、ではコロンビアのGDPはどれくらいだろうか?と考える。

この事例を常に考えておく。

そうすると、コロンビアの人口は5000万人という「知識」が入った瞬間に「コロンビアのGDPは300兆円」とすぐに「思考」する事ができるのだ。

 

「この常に考えておく、準備しておく」

という事が思考の棚だ。

 

2020年は東京でオリンピックがある。(知識)

東京の地価は高騰するだろう。(思考)

こうきたら→こうなる。

こんな簡単な事でも思考なのだ。

まずは知識と思考の分断から考えていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カネについて考える.2

引き続きカネについて考えてみる。

 

現時点で自分が今知っているカネについて書き出してみる。

 

・カネは道具である。

・カネを貯めるのは不安を貯めている行為と同じ。

・カネがいくらあるかではなく、「使い道を考える事」が最も大事。

・すぐに使う。

・日頃から使い道を考えているから、使い道がはっきりしている。

・カネには「尺度、保存、交換」の3つの機能が存在する。

・ピン札は渡す人の心を打つ。

・これからのカネは変わりつつある。

 

いろんな国のお金を使ってきたが、1番衝撃を受けたのはアルゼンチンペソだ。

アルゼンチンペソには価値がない。

だからアルゼンチン国民は米ドルで貯金をする。一部隣国である、ウルグアイペソで貯金をする人もいるが、1番嬉しいのは間違いなく米ドルだ。だから、カネは政治や、世界恐慌金融危機によって一瞬にして価値がなくなるものである。

 

いろんな国に行ってきたが、米ドルの効果は絶大で、どの国に行ってもほぼ間違いなく使用する事ができる。

つまり何かと交換ができる。逆に日本円は南米やアフリカに行けばかなり厳しかった。どでかい手数料が取られる上に、ほとんどが交換ができない。ユーロもそれなりに使用できるが、こちらも手数料が高い場合が多く、米ドル程の影響力は持っていない。

 

だからこの世界の人々が今カネを欲しているとすれば、それは「金、ダイヤ、米ドル」この事を指すのだと思う。そして今の時代ならではの例外で、「フォロワー」がある。圧倒的なフォロワーがいれば、仕事ができるわけで、カネを稼ぐ事も可能だろう。だからフォロワーはカネに変える事ができる。しかしこれはリスクがあって、どこかでモニターの時代が終われば価値がなくなる。現代ではまだあり得ない話だが、そう遠くない未来に人々が「モニターを見なくなる」可能性はなきにしもあらずだ。

 

ではどうすればカネを安全かつこの資本主義を生きなければいけないのかを考える。

生き抜く為に必要な物とは、考える力だと思う。

誰にも盗む事ができない、コピーする事もできない。そして何度破産をしたとしても素早く再起する事ができる。自分はこの「考える力」が最も大切だと思っている。

 

だから自分が考えるカネの使い道は「考える力」をつける為に使うべきだ。

というよりも、カネをどう使うかを考えている時点で考える力が少しずつ付いているのである。

もっともっと考えて、これからのカネの使い道を試行錯誤していきたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カネについて考える。

カネは天下の回りものといった言葉が昔からあるが、つい先日その言葉がしっくりときた。

カネを貯めるだけでは入ってこない。本来カネは、何かを受け取ったり、サービスを受けたりする為のツールであるに過ぎず、抱え込むものではない。カネはチケットだ。

チケットも使わなければただの紙切れに過ぎず、期限が過ぎれば効力は発揮する事はできない。

カネに期限がついているわけではないが、カネがいつか紙くずと化す日が来ないという事でもない。

 

現在アルゼンチンのブエノスアイレスにいる。

アルゼンチンは過去に経済が何度も破綻しており、アルゼンチンペソは暴落を繰り返している。

2019年2月現在アルゼンチンペソは2.8円程の価値しかない。

アルゼンチンペソのチャートを遡ってみると、過去には27円などの数字がでてくる。ほんの10年程前の話だ。

それが今ではアルゼンチンペソは約10分の1の価値。

 

この「価値が下がったもの」を人々は欲しがるのだろうか?

 

単純に価値がないものを抱え込んでも仕方ないだろう。ペソはアルゼンチン国内で使用する事はできるが、ほかの国で使用すると非常に困難になる。例えばお隣のウルグアイに持って行って両替をしようとすると、倍以上のレートになっているのだ。隣の国でさえも、ペソは欲しがっていないのだ。当たり前だが、ウルグアイでペソを使用することは基本的にできないし、持っていたところで使い道は少ないだろう。

 

アルゼンチン内で生きていくのであれば問題ないが、少しでも海外に関連があるとすると非常に不利になる。

だからアルゼンチンの人々は非常に大変だ。他の国に自分の国のお金を持って行っても、どこの国も自分の国のカネを欲しがらないからだ。

 

だからアルゼンチンの人々はペソでなくドルで貯金をする。

店舗ではドルで支払いをしようとすると喜んで応じてくれる。

なぜならドルには価値があるから。同じチケットなのにもかかわらずこんなにも差が出てしまうのは、何度も経済破綻を繰り返している為、世界からみたアルゼンチンの国としての信頼がないからだろう。

 

同じ事が日本で起こったらどうなるのだろうか?

2019年現在、今日本に100万円の貯金があるとすれば、約1万ドルの価値を持っている。

しかし翌年に、5000ドル分の価値にしかならない、さらに1000ドル分とでしか交換ができないとなったらどうなるだろうか。

 

海外旅行に行ったとしても、誰も円を欲しがらない。

なぜなら価値がないから。

 

そういった状況がいつきてもおかしくない状況に今自分たちは生きているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

物作りを考える。

 

物作りとは何だろうか。

この世界に何か「新しい物」を産み出す事を物作りということは偉大な事だと思う。

そして今、物作りを実践している過程で再度物作りとは何かを考える。

その「世界に一つだけのもの」には必ず価値が残る。

 

一つのコップを作るでも、他の同じコップを作るのか。それとも誰かが見て「面白い」又は「便利」と思う物を作るのか。この二つに付加価値という物がつく。それはこの世界の全てに当てはまる。

 

新しい料理、新しい服、新しい家、新しいアプリ、新しい映画、新しい絵。

 

この世界には日々「新しいもの」が作られている。

では新しいものとは何だろうか?

 

新しいものとは、「この地球上において作られていない物」だ。

システムやコピーは同じ。

ウィンドウズはマックをコピーしたが、これは本当のクリエイティブではないのではないだろうか?しかし、ウィンドウズはコピーをして世界を取った。システムはコピーをしたが、それ以外の肉付けは間違いなくウィンドウズの努力の賜物だろう。そこに努力が重ねられたのだ。

 

自分の人生や経験を積んできて、絶対にこの世になかったものを生み出す。

だから、何かをインスパイアするためには、「自分の想像の領域を超えなければならない。」

 

初めて、自転車で東京に行った時、東京の大きさに衝撃を受けた。

初めて、沖縄に行った時、日本の常夏に驚いた。

初めて、北海道に行った時、北海道の寒さに驚いた。

初めて、海外旅行に行った時、海の青さと外人のセールスに驚いた。

初めて、旅をした時、旅が孤独を実感した。

初めて、カネがなかった時、本気でどうすればカネを稼げるか考えた。

初めて、カジノの行った時、カジノが恐ろしい事を知った。

初めて、動物にあった時、動物の壮大さを感じた。

初めて、地平線を見た時、地球は丸い事を知った。

 

だから何かを生み出すには、まず初めに自分が実感しなければならない。

自分の想像の域を超える体験をする事が先だ。

旅を考える。

2019年1月22日(TUE

 

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。昨年から世界一周の旅に出て早10ヶ月が経ち、アフリカ大陸も既に5カ国目。そして現在はアフリカ大陸にあるケニアのナイロビにいる。ずっとしてきた一人旅だが、いつの間にか二人旅になっている事に驚きだ。しかしこれもまた「俺の旅」なのだろう。そこで今回は一人旅から二人旅になった変化を書いておく。

 

二人旅になって何が変わったのか?

メリット

・笑顔が増えた。

・幸せと口にする事が増えた。

・人と常に話ができる。

・共同生活を体験できる。

・何かを教える事ができるようになった。

・コストが劇的に減少した。

・旅を学べる。

・価値のある物を産み出すようになった。

・絵を描く事ができるようになる。

・褒められる事が増える。

・生きている時に真剣に自分を振り返る回数が増える。

 

デメリット

・英語を話す機会が激減する。

・ブログを書かなくなる。

・絵を描かなくなる。

・1日の予定を立てなくなる。

・長期的な予定を立てなくなる。

・運動をしなくなる。

 

 

ブログや絵を描けなくなるデメリットは非常に大きいと考えているが、これらは今の生活の何かを変えれば両方とも解消できる問題だと思っている。

その「何か」を考え出すのが今の考える事だ。

そして今思いつく一つの事。

それは「寝る時間をずらす」という事。

寝る時間をずらす事ができれば少なからず「1日で必ず自分一人の時間」が確保できる。具体的に寝始めたと思ってから1時間は必ずズラす。

まずはこれを実践してみる事にする。

 

せっかく同じ場所に2人の人間がいるのだ。

どうすれば人が喜び、どうすれば人が悲しむのか。どうすれば共に生きる事ができるのか。そして人はどう変わっていくのか。そういう事を意識して学んでいきたい。

 

そして出来事を少しずつ時系列のように書いてみようととも思う。

1日の行動を具体的に書き記す。

最悪感想や考察はなくてもいい。

具体的な事実を書き記すだけでも、必ず気づく点はたくさんあるだろう。

 

ブログを書く事で本当にいろんな事を気づかされる。

俺はまだまだ成長できる。

 

自分の人生は、自分だけのものです。

自分の人生を決められるのも、自分だけです。

自分を信じられるのも、自分だけです。

だから自分を信じて、真っ直ぐに前に進みます。

 

強さを考える。

 

不思議な人と話をしていて思った。

 

俺は強くなりたい。

 

ではなぜ強くなりたいのだろうか。

ここの理由を探さなければならない。

この動物的と言える本能。

苦しくても,楽でも,苦労をしても。

結果,強いのか,弱いのか。

自分は強く生きたいのか,弱く生きたいのか。

回答は決まっている。

 

俺は強く生きる。

 

 

では,自分にとって強いとはどういう事だろうか。

 

結果を出しているか。

やってくる自分を超えられるのか。

相手を倒せるのか。

生き残れるのか。

優しくできるのか。

 

俺はまだまだ強くなれる。

 

不思議な人を考える。

不思議な人と行動を共にしている。

まるで漫画に出てくるような人だ。

本当に素敵な生き方をしていて、素晴らしい人生を歩んでいる。

 

人一倍死を知っていて、人一倍死を恐れている。

人一倍強くて、人一倍苦しい思いをしている。

人一倍自分を恐れていて、人一倍自分を信じている。

 

決して時間を無駄にせず、自分のやりたい事を徹底的に一つずつ潰していく。

冷たい鎧の中には、まるでような優しい心を持っている。

俺はこんなに神から愛される人を知らない。

きっと神は宇宙のスケジュール通りに生きている人に、光を照らしていくのだ。

 

俺はこの人と生涯を共に生きたい。

生きてきた、俺の全てを賭ける価値が「今ここ」にある。